2018年11月9日 『 第9回青色の集い』と『女性スクール』が行われました。



去る2018年11月9日ステーションホテル小倉において、会創立65年記念行事として「第9回青色の集い」及び女性部結成40周年記念の「第23回女性スクール」を開催いたしました。
この「青色の集い」は、平成22年より「税を考える週間」事業の一環として、毎年開催しています。今年もその事業の一環として開催されました。
「青色の集い」では、はじめに記念講演を開催いたしました。講演には、小倉税務署長吉丸純市先生を講師としてお招きいたしました。演題は「~税金、納めないとどうなる?~」
 講演は、(1)はじめに〈国税の滞納残高〉〈滞納の原因は〉、(2)納めないとどうなる、〈捜索〉〈差押え〉〈公売〉(3)手段があれば、諦めません〈第二次納税義務者〉〈詐害行為取消〉〈滞納処分執行免脱罪〉について、それぞれの項目を、具体的にわかりやすく解説されました。
 開催にあたり、梅原会長より会の65年の歴史について、創立時のことなどを織り交ぜながら、一般社団法人の設立までの道のりなどについて述べられました。
その後、平成30年度小倉税務署長納税表彰式が、金谷副署長の司会で執り行われました。吉丸署長より青色申告会活動や確定申告期における青色コーナーにおける青色申告の普及活動などのご功績により福田信夫副会長に小倉税務署長表彰状が授与されました。
 また、納税制度の普及発展及び納税思想の高揚と税務行政の円滑な運営に貢献した功績により小倉青色申告会申告が団体感謝状を受けました。
 集いの終わりにはアトラクションとして中国古来の雑技「変面」ショーがあり、大変な盛り上がりでした。
第2部の懇親会、異業種交流会では、恒例になった税金クイズが行われました。豪華な景品が当たる度に大歓声、尽きることのない楽しいひと時が流れ、和気あいあいとした懇親会でした。税金クイズの景品を提供くださった皆様には心より感謝いたします。
青色の集いに先立ち「女性部結成40年記念式典」が行われました。物故者に対する黙祷に続き女性部の歩みをスライドで辿りながら、40年前の若々しい女性部の面々の写真に驚いたり、ビックリしたり????・・・。なるほど!?今日の女性部のルーツを知ることができました。
終わりに、初代部長の滝山さん、二代目部長の渡辺さんに梅原会長より花束の贈呈と感謝の言葉が送られました。
式典では、「第23回女性スクール」として、福岡国税局課税一部長鈴木敏充先生の記念講演がありました。テキストを参考に、「税務署あれこれ」と題して、ユニークな視点で、福岡国税局管内の特色ある数字を披露されました。最後に、来年の10月1日より実施される「消費税軽減税率制度」について説明がありました。